赤ちゃんのスタイを手作り

赤ちゃんはものを食べるときに食べこぼしが多いせいか、口の周りがすぐにベタベタになってしまいます。そんなときに便利なのが「スタイ」です。

汚れても、すぐに取り外して洗うことができますから、何枚か作っておいて汚れたら取り替えるとよいでしょう。このスタイは簡単に手作りできますから、お裁縫が得意じゃないという方でも大丈夫です。

スタイの作り方ですが、30センチくらいの正方形の布を2枚用意してください。両面で色を違えてもいいですし、柄を変えるのもカワイイです。ビニールで作れば、水をはじきます。

ミシンで縫うと簡単ですけど、手縫いでもかまいません。ただ、硬い生地を使うと、ミシンの針が通らなかったり、縫いにくい場合があるため、やわらかめの生地の方が縫いやすいと思います。

また、夏は薄めの生地、冬は暖かい生地にするのもいいかもしれません。端から1センチほどのところをグルリと縫い合わせて、裏返しします。

赤ちゃんの首にかける部分を作るために、丸く切り抜いてください。ほつれの少ない生地を選べば、切りっぱなしでもほつれるようなことはないでしょう。

生地にフエルトを選ぶと、端の処理が必要なくなります。首にかかる部分は、端にマジックテープを付けると、赤ちゃんの首に回して止めることができます。

スタイを作るときには、前もって型紙を作っておくと、同じ形のものをたくさん作れます。スタイの表面にアップリケを付けたり、刺繍したりするといっそう可愛く仕上がるでしょう。