赤ちゃんのために肌着を手作りしてみよう

もうすぐ出産になると、仕事をしている人も産休に入り、産まれてくる赤ちゃんのためにも何かしてあげたいと思うかもしれません。そんな時には、赤ちゃんの肌着を手作りしてみませんか。

赤ちゃんが産まれると、なかなかゆっくりした時間がとれません。出産前の今だからこそ、じっくり取り組む事ができるのではないでしょうか。

特に肌着はお乳を戻したり、ウンチが漏れたりしてよく汚れるので、沢山必要になります。その中でも、短肌着は作り方も複雑ではなく、布を沢山使う必要がないので、短時間で作る事ができおすすめです。

まず、肌着に適した布を選びましょう。赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの事で荒れてしまう事があります。そのため、肌に優しいダブルガーゼか綿が適しています。

そして、型紙をあてて裁断していきますが、型紙はインターネット上で無料のものが沢山あるので、それらを使うのもいいと思います。また、縫うのはミシンが簡単ですが、持っていない人はサイズが小さいので手縫いでも大丈夫です。

初めての裁縫で不安に思う人もいると思いますが、インターネット上でも作り方の動画が公開されているので、参考にすると分かりやすいと思います。また、少しずつ丁寧に仕上げて行けば、手作りでもしっかりしたものができるので、安心して下さい。

初めての手作りは記念にもなるし、これをきっかけにして裁縫が趣味になる人もいます。まずは、赤ちゃんのために挑戦してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんのために肌着の生地にこだわりたいです

産まれたての赤ちゃんのお肌はとても敏感です。直接触れる肌着は素材にこだわり安心できるものを使ってあげたいものです。優しい素材の肌着の生地で手作りのものを買い求めるママ達が... 続きを読む