赤ちゃんがハロウィンで着る、手作り衣装の作り方です

最近、人気が急上昇してきたハロウィンですが、仮装される人もとても増えました。その中でも、赤ちゃんの仮装はとても可愛く、見ていてとても癒されます。

そんな赤ちゃんの仮装ですが、手作りで簡単に作れてしまう、衣装の作り方があるので説明します。用意するものは、オレンジ色と黄緑色の布。裏に接着剤が付いている、黒のフェルト。手芸用のワイヤーです。

作り方は、はじめにオレンジ色の布を、赤ちゃんの肩から膝ぐらいまでの長さにカットします。そのとき、カボチャの形に見えるようにカットすると、仕上がりが可愛くなります。

カットした2枚の布の両端を、腕を出すところ以外、縫い合わせます。頭が入る上の部分と、足が入る下の部分のところにゴム紐を通すので、三つ折りに縫いゴム紐を通します。

頭が入る方はきつめに、足が入る方は緩めにゴム紐を調節してください。次に、黒のフェルトを好きな形にカットして、目と口を作りオレンジ色の布に貼ります。

最後に、カボチャの丸みが出るようにオレンジ色の布の裏に、手芸用のワイヤーを貼り付ければ完成です。もしも作業に余裕があるなら、黄緑色の布を葉っぱの形にカットして、上の部分に貼り付けると華やかになります。

これで、カボチャの手作り衣装が完成です。スモックのようにかぶるだけなので、赤ちゃんに負担を掛けないで、使用出来ると思います。寸法が合っているか心配になったら、途中で赤ちゃんに合わせて、確認しながら作業すれば失敗も減ると思います。是非試してみてください。