赤ちゃんの衣装の着せ方

赤ちゃんにとっても、親御さんにとっても産後、初めての外出となるのがお宮参りであり、身に付ける衣装は代々に伝わる祝い着を用いるケースがあるものの、最近のお宮参りでは少子化の影響も大きく、頻繁に利用できないことからレンタル衣装が賢く利用されています。

お宮参りは、男の子の場合には生後31日目で女の子は生後32日とされており、天候や赤ちゃんの体調などを考慮して良き日を選ぶケースも増えています。お宮参りは赤ちゃんが主役であり、正式な祝着の着せ方に困惑する親御さんも少なからずおられます。

肌着の上から、白羽二重の内着を着せ、さらにその上から晴れ着とよべる掛け着を掛けます。衣装は提供している専門店によって色柄や小物にも違いがあり、例えば、大黒帽子とよだれかけなど、まだ目が慣れない赤ちゃんの日射し避けや肌のガードに必要な小物も提供されています。

また、性別によって祝い着のモチーフには違いがあり、例えば、女の子の掛け着の模様には桜や牡丹、芍薬などの伝統的な絵柄が人気を集めており、男の子の祝い着の場合には兜や龍、鷹などをモチーフにした祝い着が人気を集めています。また最近、正式な衣装にこだわらず略式着も話題性を集めており、時代やトレンドなどが背景として挙げられています。

例えば、ベビードレスでお宮参りを行う家族も増えており、身に付け方としては肌着の上にベビー服を重ね、ベビードレスを羽織ります。デリケートな赤ちゃんへ着せるには、股部分を留められるカバーオールタイプが最適です。

また、時期によっては肌寒い季節に外出する場合もあり、ベビードレスの上からケープを掛けることが適していますし、夏の暑い時期には絽素材で仕上げられているタイプも提案されており、透け感のある生地は通気性が良く、サラッとした肌触りが魅力です。衣装には小物が含まれるかどうかもポイントで、帽子やよだれかけ、産着の紐に下げる扇子なども必要となります。